8時間ダイエット16時間プチ断食で痩せない?太った?失敗の理由と対策方法

8時間ダイエット16時間プチ断食で痩せない?太った?失敗の理由と対策方法

 

8時間ダイエット16時間プチ断食は、キツい食事制限やハードな運動がいらない、ストレスの少ないダイエット方法です。

 

しかし、8時間ダイエットに失敗してしまった口コミもよく見かけます。

 

比較的簡単なはずの8時間ダイエットに失敗してしまう理由はあるのでしょうか?

 

なぜ失敗してしまうのか、対策方法と一緒に解説してきます。

 

 

過食やカロリーオーバーをしている

 

暴飲暴食している

食事のできる8時間以内であれば、食事内容に制限のない8時間ダイエット。

 

ですが、8時間の間だからといって毎日食べ放題でいかに元を取るか!のような暴食をしていてはダイエットにはなりません。

 

食事時間内でも暴飲暴食は避けて、一般的な量の食事に留めるのが肝心です。

 

16時間のプチ断食中の分まで8時間でまとめて食べるという意識は捨てましょう。

 

摂取カロリーが多い

どんなダイエットでも基本は摂取カロリー<消費カロリーです。

 

8時間ダイエット16時間プチ断食も同じですね。

 

成人女性に必要な摂取カロリーは、1日1600~2000kcal。

 

8時間ダイエットでも、消費カロリーより摂取カロリーが多ければ太りますし、ダイエットの失敗に繋がります。

 

極端なカロリー制限や細かいカロリー計算は必要ありませんが、高カロリーな食事ばかりを摂らないことは8時間ダイエットにも重要ですよ。

 

バランスを考えて量は控えめに

食事のできる8時間以内なら好きなものを食べられることがメリットの8時間ダイエット16時間プチ断食。

 

必然的に食事の回数が減るのでカロリーダウンに繋がりますが、気をつけたいのは栄養バランスと食事の量です。

 

栄養バランスが乱れると足りないものを補おうと過食気味になります。

 

上にも書きましたが、暴飲暴食やカロリー過多は8時間以内でもNG

 

栄養はきちんと。量は控えめに。を心がけましょう。

 

 

最後の食事から就寝時間までが短い

 

理想は18時までに夕食を終える

食べてすぐ寝ることはダイエットの的ですね。

 

これは8時間ダイエットでも同様です。

 

理想は18時までに夕食を終えること。

 

18時までに食事を摂ることができれば、寝るまでには食べ物も消化されるのでダイエットには理想的。

 

ただ、18時に食事を終えられても、寝るまでの間に小腹が空いて夜食を摂ってしまうのでは本末転倒ですので、食事を終えたら何も食べないことを徹底しましょう。

 

最後の食事から就寝時間までは最低でも3時間以上開ける

理想は18時までに食事を終えることですが、社会人ならまだ仕事中、帰宅中という人も多いのが現実ですね。

 

8時間ダイエット16時間プチ断食の利点は8:16の時間設定をライフスタイルに合わせられることです。

 

ただ、最後の食事から就寝時間までが短いのは、どうしても失敗や痩せない原因に繋がります。

 

食べてすぐ寝るのではなく、最低でも最後の食事から3時間は開けてから就寝するようにしましょう。

 

 

運動をまったくしていない

 

ハードな運動は必要ないが体は積極的に動かす

8時間ダイエット16時間プチ断食は、食事の摂り方を変えるダイエットなので

 

特に運動が決められているわけでは有りません。

 

運動なしでも痩せたという人は確かにいます。

 

しかし、カロリー消費や代謝促進のためにも、できる範囲で積極的に体を動かすことは重要。

 

学生やOL ・ビジネスマンなら通勤・通学でできるだけ歩く。

 

駅などでも階段を使う。

 

主婦ならば買い物に自転車や車を使わず徒歩にする。

 

床掃除を雑巾がけにするなど。

 

日常生活の中で楽をしない。体を動かす意識を持つといいと思います。

 

宅トレやながら運動でもダイエット効果はアップ

もう少し積極的に運動ができるのであれば、ウォーキングや宅トレもおすすめです。

 

ジムに通わなくてもできる軽い運動やながら運動でも習慣化すればダイエット効果は高まりますね。

 

体重が落ちにくいという場合は、少し運動を加えるだけで効果が見えやすくなると思います。

 

ウォーキングだと天候に左右されて。という人には踏み台昇降もぴったりですよ。

 

テレビを見ながらでもできるながら運動を取り入れてみましょう。

 

 

ダイエットを繰り返している人は痩せにくい

 

ダイエットを繰り返すと体が慣れる!?

ダイエットをして一度痩せてもすぐにリバウンド。そしてまたダイエット。

 

そういった人も少なくないと思いますが、ダイエットを繰り返している人は8時間ダイエットをしても痩せにくいです。

 

ダイエットを繰り返していると体が食べ物が入ってこない状態=飢餓に慣れてしまうため、栄養を溜め込みやすくなるのが原因です。

 

省エネモードになっているので痩せにくいといえます。

 

8時間ダイエット16時間プチ断食でもなかなか効果が出ない人は、何度もリバウンドしていないでしょうか?

 

時間を決めて適切な食習慣をすること!

省エネモードになってしまっている人は代謝が悪くなりがちですが、体に定期的にきちんと栄養が入って来ることを覚えさせることも大切。

 

8時間ダイエットは決まった時間に食事を摂るダイエットなので、食習慣を変えるのにもぴったりです。

 

8時間のうちでも、できるだけ決まった時間に食事をするようにしていれば、体が栄養摂取のサイクルを覚えてきます。

 

ダイエットの効果が出てくるまでには少し時間がかかるかもしれませんが、地道に継続することがダイエット成功のカギです。

 

 

タンパク質が足りないと8時間ダイエットでは痩せにくい

 

ダイエットにタンパク質は重要な栄養素

ダイエットをするときに、肉類を避ける風潮はなくなりましたが、8時間ダイエットでもたんぱく質は重要な栄養素です。

 

タンパク質摂取量が不足すると脂肪よりも先に筋肉をエネルギーとして使いますし、筋肉が落ちれば基礎代謝も落ちます。

 

ダイエットとタンパク質は切っても切れない関係ですね。

 

8時間ダイエット中の食事はバランスが大切ですが、タンパク質も積極的に摂るようにしてください。

 

8時間内の間食にプロテインもお勧め

8時間ダイエット16時間プチ断食をしていると、食事は2回になることが多いです。

 

その中でカロリーオーバーにならないように気をつけながら、バランスを考えつつタンパク質をしっかり摂るのは意外と難しいもの。

 

8時間の食事の合間に空腹を感じた時などには、プロテインを飲むのもおすすめです。

 

不足しがちなたんぱく質の補給と空腹を満たすことの一石二鳥ですよ。

 

ダイエットの目的が明確ではない

 

痩せたときの目標をはっきりさせる

痩せて何がしたいのか、個人の目標をはっきりしておくことがダイエットの基本です。

 

ただ、何となく痩せたい。だけではダイエットのモチベーションも上がりません。

 

痩せてこの服が着たい。ビキニが着たい。痩せたら好きな人に告白したい。などなど、実現したときのビジョンを明確をすることで、自然とダイエットへの取り組み方も真剣になりますし、継続もしやすいです。

 

目的をはっきりさせることが、8時間ダイエットの失敗を防ぐ秘訣だと思います。

 

時期は細かく設定しない

注意点として、目的を明確にすることは8時間ダイエット成功のコツですが〇〇までに〇キロ痩せる!といった時期や目標体重を細かく設定しすぎないことも失敗しないコツです。

 

個人差はありますが、8時間ダイエットは即効性の有るダイエットではなく長期戦向き。

 

緩やかにムリなく痩せたい人にぴったりのダイエット法です。

 

体重の減少は一定ではなく、上下を繰り返して少しずつ減っていくことが多いので、ストイックになりすぎるのも失敗に繋がりやすいです。

 

8時間ダイエットは短期集中のダイエットではないことを把握して、長期的な目標を立てるといいでしょう。

 

失敗の理由と対策方法まとめ

8時間ダイエット16時間プチ断食は、それほど難しいダイエット方法ではありません。

 

食事の時間と消化器官を休ませる時間をしっかり分けること。

 

食生活の習慣を見直すことが基本になります。

 

痩せ方がゆっくりな分、ストレスが少なく長期間継続できることも8時間ダイエットのメリット。

 

しかし、継続するにはコツや注意点もあります。

 

痩せない。かえって太ってしまった。などの失敗を防ぐためには、ダイエットの目的や目標をはっきりさせて、8時間ダイエット16時間プチ断食のポイントを抑えることが大切です。

 

 

8時間ダイエット16時間プチ断食の効果がすごい!4ヶ月で10キロ痩せた!? TOPへ戻る